閉じる

大崎・鳴子の風力発電計画 「温泉郷の景観に著しい悪影響」観光協会が反対

 宮城県大崎市の鳴子温泉郷観光協会は26日、鳴子温泉周辺で計画されている三つの大型風力発電事業に反対することを決めた。「国民保養温泉地の鳴子温泉郷にとって、風力発電は自然と景観に著しい悪影響を与え、観光地の価値を大きく傷つける」との見解もまとめた。

 鳴子公民館で理事会を開き、全会一致で反対が決まった…

残り 629文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ