FAQ

コメ作付け目安達成へ 転作助成の効果、検証急げ 社説(8/29)

 東北をはじめ各産地が正面から逆風に立ち向かっていることの表れだろう。

 2021年産米の大幅な価格低下で生産者の危機感が強まり、大規模な作付け転換が実現しつつある。消費拡大への取り組みも併せて重ねながら、本格的な米価回復への足掛かりにしたい。

 新型コロナウイルス禍による中食・外食需要の落ち込みは回復…

残り 932文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る