閉じる

悔しさ原動力に創作 芥川賞作家・若竹千佐子さんが仙台で講演

 4年半前、63歳の無名の主婦が書いた東北弁交じりの小説が芥川賞に選ばれ、一大ブームが巻き起こりました。岩手県遠野市出身の若竹千佐子さん(68)のデビュー作「おらおらでひとりいぐも」です。若竹さんは創作に際して、ある悔しさを原動力にしていたといいます。仙台市民図書館開館60周年の記念講演会に招かれ、…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより