FAQ

安心へ、同性婚法制化望む 宮城の女性カップルが裁判の行方注視

 宮城県内でパートナーとして暮らす2人の女性が、各地で争われている同性婚訴訟=?=の行方を注視している。司法判断は分かれ、法制化への動きは鈍い。「安心できる制度が欲しい」。訴訟を支援しながら、結婚できる日を待っている。(生活文化部・丸山磨美)

生活基盤整えても、困る場面なくならず

 「悲しい、つらいとい…

残り 1983文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。


企画特集

先頭に戻る