「絵本で」「親子で」平和学ぶ 戦後77年の夏 市民団体は読み聞かせ、書店もPRに注力

 ロシアのウクライナ侵攻のニュースに、「戦争はなぜ起きるの」と子どもに聞かれた人もいるかもしれません。平和について学ぶきっかけの一つに絵本があります。コーナーを特設するなど書店側もアピールに力を入れています。太平洋戦争終結から77年目の夏。子どもも大人も静かにページをめくるひとときを過ごしませんか。…

残り 2650文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。

ライブカメラ