閉じる

介護事業者が悲鳴「経費削減は限界」 コロナと物価高が経営を圧迫

 新型コロナウイルス対応や物価高騰で経営が厳しさを増しているとして、宮城県内398の高齢者介護・障害者福祉事業者が加盟する全国介護事業者連盟東北支部は6日、事業継続への支援を県に要望した。

 要望書は(1)感染対策に必要な消耗品(2)物価高騰による光熱費や食材費、紙おむつなどの備品費(3)利用者の施設…

残り 374文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ