FAQ

岩手山登山道に落書き59個 樹木に「スマイルマーク」など 警察も捜査

 十和田八幡平国立公園に指定されている岩手山(2038メートル)の焼走りコース(岩手県八幡平市)で、樹木や石などが青色の塗料で落書きされる被害が16日までに見つかった。落書きは「スマイルマーク」や矢印など計59個に上る。岩手署は器物損壊や自然公園法違反の容疑で捜査している。

 落書きを見た登山客から1…

残り 285文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る