閉じる

安価なまき、環境にも優しく 木材関連企業がSDGs商品販売

 秋の行楽シーズン本番を迎え、安価なまきを販売する宮城県内の木材関連企業に熱視線が集まる。芋煮会などでまきの需要が高まる時期だが、近年の輸入木材高騰(ウッドショック)のあおりで価格が上昇しているためだ。製材過程で出た廃材などを再利用したお得なSDGs(持続可能な開発目標)商品が浸透しつつある。

端材利…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ