コロナ把握簡略化、「業務軽減」と評価 先行運用始まった宮城の医療者ら

 新型コロナウイルス感染者の「全数把握簡略化」が26日から全国一律で行われる。2日に先行運用を始めた宮城県では、医療関係者などが「業務が軽減された」と評価する半面、今冬予想される感染「第8波」やインフルエンザとの同時流行には「今の体制では対応できない」と警戒する声もある。(報道部・相沢みづき、武田俊…

残り 830文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ