自然素材「リノリウム」貼りテーブル発売 抗菌・抗ウイルスで手入れ簡単

 特注家具製造業のY.D.K(山形県中山町)が、国産材と自然由来の抗菌・抗ウイルス効果に優れた素材を掛け合わせたテーブル「sasutte(サスッテ)」を開発し、17日販売を始めた。人と環境に配慮した持続可能な生活を彩る商品として普及を目指す。

自然由来の素材のリノリウムを使用したテーブル「サスッテ」の使い心地を確かめる関係者=山形市内

抗アレルギー性も

 天板の下地に青森県産のヒバ材、脚の部分に山形県産のクリ材を主に使用。天板の両面には、アマニ油やジュート、石灰石などを原料とした厚さ2ミリの建材「リノリウム」を貼った。リノリウムは抗菌・抗ウイルスに加え、脱臭、抗アレルギー性にも優れた素材。汚れが付きにくく、食べこぼしなどの手入れも楽に済む。

 テーブルの脚の高さは70センチ。縦140センチ、横80センチのスクエア(28万6000円)、直径110センチのサークル(25万800円)の2種類あり、天板はモーブ、ピスタチオ、オリーブなど5色から選べる。デザインの変更も注文に応じる。家庭のダイニングテーブルやオフィスのデスクなどでの使用を想定する。

「おうち時間」快適に

 開発に当たった家具職人の結城美根子さん(47)は「新型コロナウイルス禍で『おうち時間』が増える中、より快適に過ごせる手助けになればいい。国産材の良さも見直してもらいたい」と話した。

 「サスッテ」のシリーズとして、ウオールナットの無垢(むく)材などを使った長方形のテーブルも同時に発売した。連絡先は同社023(687)1950。

自然由来の素材リノリウムを表面に貼ったテーブル「サスッテ」
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る