FAQ

収容死、国に賠償命令 再発防止、法改正が不可欠だ 社説(9/24)

 うめき声を上げ、立てなくなっている人が目の前にいたら、誰でも「すぐ救急車を呼ばなければ」と思うはずだ。

 「医学的な知識がなく判断できなかった」「救急搬送しても助かったとは限らない」との国側の言い分は、責任逃れの詭弁(きべん)にしか聞こえない。

 正常な人権感覚の欠如が、入管施設で相次いでいる収容死の…

残り 950文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る