閉じる

(388)わたくしを捜す放送秋の暮/栗林浩(1938年~)

 この句の「捜す」からは、認知症で家を出て徘徊(はいかい)し、行方が分からなくなった老人を、町内放送などで捜索しているように読める。当事者家族にとっては深刻な話でドキッとさせられる。しかし同時に、作者自身が「徘徊(俳諧)老人」となったような自虐的なユーモアも垣間見え可笑(おか)しさが漂う。「秋の暮」…

残り 90文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

秀句の泉

 「秀句の泉」は、俳句の魅力を伝えます。執筆は俳人の永瀬十悟さん(福島県須賀川市)、浅川芳直さん(宮城県名取市)、及川真梨子さん(岩手県奥州市)の3人。古典的な名句から現代俳句まで幅広く取り上げ、句の鑑賞や季語について解説します。

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより