FAQ

宮城県、職員に「孫休暇」 都道府県初、来年1月導入へ

 宮城県は3日、孫の育児支援を目的とする県職員の休暇制度を来年1月に導入する方針を明らかにした。実現すれば、都道府県で初めて。県は開会中の県議会9月定例会に一般職の定年を2031年度までに60歳から65歳に段階的に引き上げる条例案を提出。祖父母となる職員の増加を見込み、孫育てへの参加を後押しする。

 …

残り 340文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る