閉じる

出生率1.15、宮城の低さはなぜ 専門家3人に聞く

 宮城県の少子化が加速している。2021年の出生数は厚生労働省の人口動態統計(概数)で1万3761人と過去最少で、合計特殊出生率も1.15と3年連続で東京都に次ぎ下から2番目。若年層が集まる仙台市を抱えながら出生率が低い背景には何があるのか。研究、子育て、地域振興に関わる3人に聞いた。(生活文化部・…

残り 2100文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。

ライブカメラ