閉じる

錦秋の渓谷、清流が歌う 十和田・奥入瀬渓流<ふるさと音便り>

 <奥入瀬の水歌ふなり/しばし木陰に佇(たたず)みて/耳かたむけよ旅人よ>。詩人で作家の佐藤春夫が詠んだ清流を錦秋が彩る。東北を代表する景勝地の奥入瀬渓流(十和田市)で紅葉が見頃を迎え、多くの観光客でにぎわっている。

 渓流沿いに整備された全長14キロの遊歩道を鮮やかな緑のコケやシダが覆う。ブナやカエ…

残り 240文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集