閉じる

夜間のワクチン大規模接種を検討 宮城県、コロナ「第8波」へ備え

 今冬に予想される新型コロナウイルスの流行「第8波」に備えるため、村井嘉浩宮城県知事は4日、日中の仕事を終えた県民が夜間にワクチンを接種できる大規模会場の設置を検討していると明らかにした。仙台市青葉区のホテルであった県市長会との懇談で「国や市町村など関係機関と相談しながら前向きに検討したい」と語った…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ