FAQ

困難抱える若い女性を支援 繁華街に「居場所カフェ」 仙台市が開設

 貧困や性被害など困難を抱える若い女性に手を差し伸べて支援しようと、仙台市は4日、「トナカフェせんだい」事業を始めた。週1回、金曜か土曜に青葉区国分町周辺やJR仙台駅周辺のレンタルスペースにカフェを開設し、相談員が若い女性の悩みなどを聞く。

開設は午後8~11時

 思いがけず妊娠した女性を支えるNPO法…

残り 295文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る