FAQ

福島事故「廃炉・賠償費用捻出の切り札」東電・柏崎刈羽原発を現地取材 再稼働安全性に消えぬ疑問符

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)は相次ぐ核物質防護不備で昨年4月、原子力規制委員会から事実上の運転禁止命令を受けた。同原発は東電が福島第1原発事故の廃炉や賠償の費用を捻出するための「切り札」。原発推進にかじを切った岸田文雄首相も同原発の来夏以降の再稼働を表明した。運転禁止命令の解除に向…

残り 4006文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る