閉じる

海洋放出処理水の安全性、10月分析開始 JAEA、福島第1敷地内の新研究施設公開

 日本原子力研究開発機構(JAEA)は25日、東京電力福島第1原発敷地内に完成した大熊分析・研究センター(福島県大熊町)の第1棟を報道各社に公開した。来春の海洋放出を見込む処理水の分析を担い、第三者の視点で安全性の確認を進める。年度内の分析結果の公表を目指す。

 第1棟は鉄筋コンクリート3階で、分析作…

残り 410文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ