FAQ

合意形成アプリが支援 宮城大生と地元企業が開発

少数意見を反映/決定過程可視化 反対者の納得度に効果

 宮城大事業構想学群4年の斎藤愛果(まなか)さん(21)が、少数意見も取り入れて合意形成を進めるためのスマートフォン用アプリを考案した。災害時やまちづくりなどでの活用を想定する。斎藤さんは「若者の声など届きにくい意見を情報通信技術(ICT)を使って…

残り 671文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る