閉じる

山形の大学生が果樹輸出に奔走 ドンキと提携して香港などにサクランボ出荷

 果樹生産が盛んな山形県東根市で起業した大学生中川史明さん(22)が、地元農家の所得向上につなげようと、山形県産果物の輸出に力を入れている。大手量販店と手を組み、今年からサクランボを香港とシンガポールに出荷。実が傷むロス率を下げる長距離輸送の実験にも取り組む。「山形のおいしい果物を世界に届けたい」と…

残り 922文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ