閉じる

強制不妊訴訟 国側が請求棄却求める 仙台地裁で初弁論

 旧優生保護法(1948~96年)下で知的障害などを理由に不妊手術を強いられたとして栗原市の無職千葉利二さん(72)と宮城県の60代の男女2人の計3人が国にそれぞれ3300万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が11日、仙台地裁であり、国側は請求棄却を求めた。具体的な主張は「追って明らかにする」…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ