閉じる

仙台南高2.06倍、仙台一高1.89倍 2023年度宮城の公立高校入試・出願希望調査

 宮城県教委は18日、2023年度公立高入学者選抜の出願希望調査結果を発表した。全日制の募集定員1万3760人に対して1万4054人が志願し、平均倍率は1・02倍。22年度を0・01ポイント上回ったが、少子化の影響で1996年度の調査開始以来、3番目の低さとなった。

 全日制68校130学科、定時制12校20学科の志願状況は表の通り。

上位9校は仙台市内

 全日制の志願倍率が最も高いのは仙台南普通科の2・06倍。仙台一普通科が1・89倍、泉普…

このページは会員限定記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ登録

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ