閉じる

佐藤厚志さんの芥川賞作 早く読みたい…のに売り切れ続出 仙台

 仙台市の作家、佐藤厚志さん(40)の小説「荒地の家族」が第168回芥川賞に決まり、一夜明けた20日、市中心部では多くの人が受賞作を求めて書店を訪れたが、出たばかりの単行本は売り切れが続出。予約をしようとレジに向かう人の姿も目立った。青葉区の仙台文学館には受賞記念コーナーが設けられるなど、地元出身作…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ