閉じる

新設住宅着工戸数3ヵ月連続の減少 東北・22年11月

 国土交通省がまとめた2022年11月の新設住宅着工戸数は、前年同月比5・1%減の4031戸となり、3カ月連続で前年同月を下回った。

 県別の着工戸数は表の通り。岩手は前年同月を上回ったが、青森、宮城、秋田、山形、福島の5県は減少した。

 持ち家は18・1%減の1689戸と12カ月連続で前年同月を下回っ…

残り 81文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ