閉じる

人生に絶望、凶行に及ぶ 宮城・登米「豊里こども園」侵入<傍聴席>

 「いじめられていた時から、ずっと死にたい気持ちを抱えていた」。登米市豊里町の認定こども園「豊里こども園」の侵入事件。殺人未遂罪などに問われた大槻渉被告(32)は仙台地裁の公判で覇気のない声で自らの境遇を語った。

 田園が広がる登米市豊里町の農家の次男として生まれた。中学時代、苛烈ないじめを受けた。ク…

残り 932文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ