閉じる

震災の教訓1000年先も 宮城・岩沼に「語り部の会」発足 3月11日活動開始

 東日本大震災から12年となる3月11日、経験を語り継ぐ市民団体が宮城県岩沼市で誕生する。語り部活動を続けてきた10~80代の市民8人でつくる「いわぬま震災語り部の会」。活動の受け皿をつくり、1000年先まで教訓をつなごうと新たな仲間も募っていく。

10~80代の市民8人参加

 「一人に一つだけの命を自…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ