閉じる

神戸大生、住民の心ほぐす 被災後集団移転の桜塚地区で交流会 宮城・山元

 東日本大震災の被災者の集団移転先として整備された山元町桜塚地区の集会所で23日、神戸大のボランティア団体「学生震災救援隊」が住民向けの交流イベントを開いた。住民と学生が一緒にひな祭りのオーナメント(飾り)作りを楽しんだり、バケツで足湯を体験したりして触れ合った。

ひな祭りの飾り作りや足湯で触れ合い「…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ