閉じる

規定廃止後も手術継続<不良の烙印 旧優生保護法の爪痕(中)消えない偏見>

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、宮城県在住の男性2人が国に損害賠償を求めた訴訟の判決が6日、仙台地裁で言い渡される。旧法は障害者に「不良」の烙印(らくいん)を押し、自己決定の権利を奪った。改廃後も根強く残る優生思想の爪痕をたどり、現代に連なる課題を探る。(報道部・関…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ