閉じる

コロナワクチン接種後に死亡、一時金給付へ 36歳男性遺族、宮城で初認定

 新型コロナウイルスワクチン接種後に死亡した宮城県の男性=当時(36)=の遺族に、国の予防接種健康被害救済制度に基づく死亡一時金などの給付が決まったことが3日、河北新報社の取材で分かった。コロナワクチン接種後の死亡が同制度で救済認定されたのは宮城県内で初めて。

急性循環不全と認定

 関係者によると、男性…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ