閉じる

宮城・亘理の復興巨大プロジェクト、暗礁に 多賀城の「ワンテーブル」が事業主体

 東日本大震災で被災した宮城県亘理町の荒浜地区で2021年に始まった地域活性化事業「ワタリ・トリプルC・プロジェクト」を巡り、当初計画の個別事業の多くが暗礁に乗り上げていることが分かった。宮城県多賀城市の備蓄食品製造「ワンテーブル」が事業主体の被災地復興の巨大プロジェクトだが、構想が「絵に描いた餅」…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ