閉じる

農作物のブランディング 個性深掘りでリピート率増 大崎で若手就農者が交流

 大崎市の若手就農者が交流する「青年就農ミーティング」が9日、市内であり、出席した約20人が農作物のブランディングに関する講演や意見交換で学びと交流を深めた。

 「恩むす美」のブランドで水稲6品種を手がける斎田農園(美里町)の斎田善郎さん(41)、綾華さん(32)夫妻が「個性派農業のすすめ」と題し講演…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ