閉じる

コロナ5類移行でパーティション廃棄に先手 プラ材質判別装置売り込む

 農機、環境関連機器製造販売の山本製作所(山形県天童市)が、2020年に発売したプラスチックの材質判別装置「ぷらしる」の販路拡大に力を入れている。政府が新型コロナウイルスの法的な位置付けを5月8日に「5類」に引き下げるのを受け、飛沫(ひまつ)防止用のパーティションの大量廃棄が予想される。リサイクル促…

残り 668文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集