閉じる

「かきあめ」復刻パッケージ、16日発売 福田屋製菓の箱を再現 珈琲工房いしかわ

かきあめの当時の箱(左)と一回り小さい復刻パッケージ版を手にする石川社長

 石巻地方で親しまれている「かきあめ」の復刻パッケージ版が16日に発売される。珈琲(コーヒー)工房いしかわ(石巻市北村)の石川光晴社長(68)が、大正時代にかきあめを生み出し、50年ほど前まで製造していた福田屋製菓の箱を再現した。

 当時の箱は大きさ18センチ四方で上が四角形、底が八角形をしている。箱に「かきあめ」のロゴや、福田屋謹製の文字も印刷されている。

 復刻は親交のあった印刷会社データビジネス(東松島市矢本)の姉歯津雄(つねお)社長(72)所有の蔵から1、2年前に見つかったことがきっかけ。石川社長は箱を譲り受け形や色合い、デザインはそのままに、サイズを一回り小さくして再現した。中には当時発売されていたカキの形をかたどったあめを1個入れる。

 石川社長は「再現できたのはかきあめがつないでくれた縁のおかげ。愛され続ける石巻の名産を残していきたい」と話した。

 復刻パッケージ版は20個入りで1000円。珈琲工房いしかわの本店と道の駅上品の郷店(石巻市小船)、まきあーとテラス店(同市開成)で販売する。順次販売場所を拡大する予定。

 かきあめは、大正時代に福田屋製菓が開発。昭和50年代に「かきあめ喜栄」が製造・販売を引き継いだが、東日本大震災の津波で工場が被災し、販売できなくなっていた。石川社長が2018年、当時の味を忠実に再現して復活させた。

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより