閉じる

灯籠360個、犠牲者に思いはせ 宮城・石巻の震災遺構「大川小」でおかえりプロジェクト

 東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が犠牲になった宮城県石巻市の震災遺構「大川小」で13日、手作りの紙灯籠に明かりをともす「おかえりプロジェクト」があり、遺族や親子連れが犠牲者に思いをはせた。

北海道や福岡県の中高生らがメッセージ

 発光ダイオード(LED)照明に和紙2枚を筒状にかぶせた高さ約20…

このページは会員限定記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ登録

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ