閉じる

児童虐待防止訴え、走る 仙台でバイカー50人が啓発活動

 オートバイ愛好家らでつくる「Peacemaker(ピースメーカー)宮城支部」は3日、ツーリングをしながら児童虐待防止を訴えるオレンジバイカーズ活動をした。

 県内から約50人のライダーが県庁前に集まり、子ども虐待防止のシンボルマーク「オレンジリボン」にちなんだオレンジ色のベストを着てエンジンを始動。…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ