閉じる

山形・かみのやま温泉の駅前に活気を 20代2人が空き店舗を再生して新拠点整備

 宮城、山形両県の若者2人が、JRかみのやま温泉駅(山形県上山市)前で廃業した土産物店をにぎわい再生の拠点として利活用する取り組みを進めている。若者の創業支援、定住促進や交流人口の拡大に向けた施設として来年9月に開業予定。温泉街の玄関口から新たな魅力の発信を目指す。
(山形総局・原口靖志)

若者の創業支…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ