閉じる

仙台市パートナーシップ制度、審議会が本格検討に着手 条例ではなく要綱での策定を求める

 仙台市は20日、市男女共同参画推進審議会を開き、LGBTなど性的少数者のカップルを婚姻相当の関係と認めるパートナーシップ制度の2024年度創設へ本格的な検討を始めた。会長の田中真美東北大副理事(男女共同参画担当)は条例ではなく、制度内容を柔軟に変更できる内規の「要綱」として制度を策定するよう市に求…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ