閉じる

宮城出身の靴職人・三沢さん、卵を題材にパリで個展 アートと融合 ユーモアも

 国際コンクールで優勝経験もある宮城県柴田町出身の靴職人三沢則行さん(43)=東京在住=が、今月末からパリで個展を開く。靴をモチーフにしたアート作品に力を入れ、世界的に活躍する三沢さん。最新作の題材は「卵」だ。

 作品「Eggs」は、ゆで卵を割った時にひらめいた。「自然が生んだ究極の形ではないか」との…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ