第1部・100年の現実-阿武隈川(4)地形の宿命 狭窄部で一気に水位上昇

 堤防を越えた水が滝のような音を立てて市街地に流れ込み、一帯を侵す。

 「どうなっちゃうんだろう」。福島県本宮市本宮太郎丸地区の小林美智代さん(58)は、床上浸水した自宅の外で阿武隈川の氾濫を夜明けまでぼうぜんと眺めた。

 台風19号通過中の10月13日午前1時ごろ、マンホールから水の噴き出す音がした。…

残り 926文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ