FAQ

第2部・絡まる流れ-吉田川(2)人知の攻防 美田守る先駆的技術

 河川敷にうずたかく積まれた土砂を、ショベルカーがせわしなく大型ダンプに載せていく。

 12月中旬、大崎市鹿島台木間塚の鳴瀬川堤防に、近くを流れる支流・吉田川の川底から掘削された土砂が仮置きされていた。土砂は改良した上で鳴瀬川堤防のかさ上げに使われる。

 かさ上げと川底の掘削。河川の洪水対策は流せる水の…

残り 996文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る