FAQ

第1部・100年の現実-阿武隈川(7完)日大名誉教授長林久夫氏に聞く

 台風19号豪雨は宮城、福島両県にまたがる阿武隈川を各地で氾濫させ、甚大な被害をもたらした。流域での水害の特徴と今後の対策の在り方について、国土交通省の阿武隈川上流堤防調査委員会委員長代理を務める長林久夫日大名誉教授(河川工学)に聞いた。

想定外の事態、検証を

 阿武隈川は平たんな盆地と水の流れが悪くな…

残り 1098文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る