第2部・絡まる流れ-吉田川(1)二つの顔 氾濫と渇水、流域を翻弄

 宮城県中央部を東西に流れる吉田川は10月の台風19号豪雨で阿武隈川(宮城、福島県)と同様に国直轄の堤防が決壊するなどし、約5700ヘクタールに及ぶ浸水被害をもたらした。治水施設が東日本大震災で打撃を受けた上、独特の地形条件が治水の複雑さ、難しさを生んでいる。支流でありながら本流並みの全長と多くの支…

残り 1362文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ