FAQ

第2部・絡まる流れ-吉田川(5完)東北大大学院准教授梅田信氏に聞く

 台風19号豪雨で堤防が決壊した吉田川では国や宮城県、流域自治体などが共同で今後の水害対策の検討を進める。吉田川の特徴と治水の課題について、検討機関の座長を務める梅田信東北大大学院工学研究科准教授(環境水理学)に聞いた。

先進対策、成果共有を

 吉田川の下流域は勾配が緩く、ひとたび氾濫すると浸水が長引く…

残り 1152文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る