第2部・絡まる流れ-吉田川(3)上下流の落差 国と県の整備率に違い

 「今まで何をしてきたんだと、むなしさも感じる」

 東北地方整備局と宮城県が仙台市内で4日に開いた鳴瀬川水系の学識者懇談会。委員の一人が胸の内を明かした。台風19号豪雨後、初めての開催だった。

 懇談会は2015年9月の宮城豪雨を受け、吉田川などの整備計画の変更を議論してきた。そのさなかに4年前を上回る…

残り 979文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ