閉じる

第3部・震災の影(2)沈む街(上)海抜ゼロ、排水を阻む

 水が引いた自宅に残された大量の泥。家具は全て捨てる羽目になった。いずれも東日本大震災後に買い直したものだった。

 石巻市不動町の佐藤賢二さん(57)の自宅周辺は昨年10月、台風19号豪雨で1メートルを超す濁り水に浸った。「あれよあれよという間に水が上がった」。床上浸水は約2メートルの津波が襲ったあの…

残り 1019文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ