閉じる

第4部・都市のリスク(5)二兎を追って 防災か景観か、板挟み

 福島県郡山市を東西に横切る逢瀬川の土手に、桜の切り株が等間隔に並ぶ。堤防のかさ上げ工事のため、2月中旬までに計約200本の桜並木が伐採された跡だ。

 逢瀬川は昨年10月の台風19号で、阿武隈川との合流地点から上流約2.6キロまでの区間が断続的に氾濫した。本流の水位が高止まりして支流に逆流するバックウ…

残り 1061文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集