第5部・共生に向けて(1)緑のダム 治山の将来像、手探り

 台風19号の襲来から12日で半年を迎えた。東北の被災地の復旧復興は始まったばかりで、教訓を生かすための取り組みは試行錯誤が続く。恵みと災いの両方をもたらす「水」と私たちはこの先、どう付き合えばいいのか。最終部の第5部は共生のための視座を考える。
(治水のゆくえ取材班)

 山河を鎮める宮司の祈りが静かな…

残り 1165文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ