閉じる

風評の実相(5完)生産意欲支える賠償を

 マスク越しでも、その声は講堂に重く響いた。

 東京の参院議員会館に7月21日、福島県から農家が駆け付け、経済産業省や東京電力の原発事故賠償の担当者と向かい合った。

 「風評被害があるのに賠償が次々と打ち切られている。福島が復興したとでも思っているのか」。最前列に座る南相馬市小高区の三浦広志さん(60)…

残り 959文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集