FAQ

「やさしい日本語」で訪日客受け入れ準備 秋田・湯沢市、コロナによる苦境無駄にせず研修

 災害時に外国人に正確な情報を伝達する目的で開発された「やさしい日本語」を、観光振興に生かそうという取り組みが秋田県湯沢市で始まった。新型コロナウイルスの流行で訪日外国人旅行者(インバウンド)が大幅に減った低迷期を無駄にせず、研修会を通じて幅広い場面で活用することを目指している。

「必要な情報だけ」

 …

残り 852文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る